新着情報

生分解性プラスチックとは何?

使用中は他の汎用プラスチックと同等の物性を保ち、自然環境中の微生物(バクテリア等)の働きにより、水と炭酸ガスに分解されます。

生分解経過については、太陽光(紫外線)と雨水(水分)により、おおむね3~5年後から劣化崩壊(現場により太陽光の当る量が異なる為、年数が異なります)が始まり、微生物の働きにより、水と炭酸ガスに分解されます。

アクセス

Access

【本社】〒381-0045 長野市桐原1-2-12
TEL:(026)243-1115(代)  FAX:(026)243-1520
【第二工場】〒381-0045 長野市桐原2-4-1
TEL:(026)243-1118  FAX:(026)243-2011